キャッシュレスでお支払いの方に5%還元(キャッシュレス・消費者還元事業)

肉・肉加工品

畜産王国・鹿児島の三大“黒”ブランド

鹿児島のブランド産品の中には「黒」を冠したものがたくさんあります。黒潮がもたらす温暖な気候と風土によって育まれてきた鹿児島独特の黒文化。その中で、黒豚・黒牛・黒さつま鶏は、言わずと知れた黒を代表する名産品です。

六白黒豚

かごしま黒豚

今から約400年前、初代薩摩藩主・島津家久により琉球から移入された黒豚がルーツと言われています。

明治維新の立役者・西郷隆盛もこよなく愛した黒豚は、幕末の水戸藩主・徳川斉昭公をも「いかにも珍味、滋味あり、コクあり、何よりも精がつく」とうならせたとか。

その後も現在に至るまで、より上質な黒豚を育てるための研究や改良が続けられています。

美味しさのポイントは、他の豚と比べて品質の高いバークシャー種であること(いわゆる六白黒豚)、甘しょ(さつまいも)を含む飼料でじっくり時間をかけて育てることで、さっぱりとした甘みの脂身と柔らかく歯切れの良い肉質を実現していること。また、もともとタンパク質やビタミンB群が豊富な豚肉ですが、鹿児島県産の黒豚は旨味成分であるアミノ酸をとても多く含んでいることも分かっています。

しゃぶしゃぶ、とんかつ、とんこつ煮、また、とんこつラーメン等でその美味しさを実感してください。

黒豚の商品を見る

鹿児島黒牛

鹿児島黒牛

きめ細かく柔らかな肉質と、さらりと上品な脂身が特長の鹿児島黒牛。全国一の生産量を誇る黒毛和種です。和牛の日本一を決める「第11回全国和牛能力共進会」(平成29年)ではその品質の高さが評価され、見事栄えある総合優勝を獲得しました。

黒豚と並んでその歴史は古く、明治時代に全国で一番早く牛肉作りが始まったのが鹿児島と言われています。その後、羽島(いちき串木野)や加世田(南さつま)、種子島で育てられていた牛に改良に次ぐ改良を重ねて生まれたのが、現在の鹿児島黒牛なのです。今や世界に向けて輸出量を増やしており、名実ともに世界に誇るブランド牛としての地位を築いています。

しゃぶしゃぶ、ステーキ、すきやき、牛カツ等で、そのジューシーな美味しさをご堪能ください。

黒さつま鶏

黒さつま鶏

ブロイラー産出額全国一である鹿児島が、第3の黒ブランドとして打ち出す“黒のルーキー”・黒さつま鶏。日本三大地鶏の1つと言われている「薩摩鶏」を父に、羽が白黒で碁石に見えることから鹿児島では「ごいし」の愛称で親しまれている横斑プリマスロック(在来種)を母に持つ、今大注目の地鶏です。

他の地鶏に比べて脂のノリが良く、適度な歯ごたえとジューシーさが特長。熱を加えても硬くならず、冷めても美味しくいただけます。さらに、高品質ながら手頃な価格と良い事尽くし!

新鮮な鳥刺し、そしてジューシーな旨味たっぷりの炭火焼のほか、鶏飯や鶏しゃぶなどでお楽しみ下さい。

カテゴリー一覧

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

3商品中 1-3商品

© 2019 かごかご.jp All rights reserved.